読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■みんな違ってみんな良い

スポンサーリンク

 f:id:shima-sh0:20160627192338j:plain

 

どこかで聞いたことあるかもね。

でも本当そうなんだよね。

全く一緒なんてありえない。

 

仕事帰りに就活生を見て

自分もそうだったなーと

ふと思ったこと。

 

 

大学時代の話で

自分の大学生活

終盤は就活真っ盛り。

 

 

おっきな会場で

髪型を決めスーツを

ビシッと着ていざ出陣!

 

当時は大学入ったからには

良い所に就職しなきゃって

息巻いていました!

 

飲食店でのアルバイトしながら

学校と並行で就職活動。

 

なかなか決まらず

周りから置いてかれる

弾かれるって思ってました。

 

何とか就職先が決まり

凄く安堵したのを覚えてます。

 

そしてなんやかんやあって

今に至るわけです。

 

なんやかんやは

また今度話しますね。

 

当時はみんなと

一緒じゃなきゃって思ってました。

 

同じようなスーツ着て

同じような髪型にして

同じようなバッグ持ってって。

 

パッと見たら同じ。

それが普通な世の中で

当たり前だと思っていました。

 

普通ってなんだろう。

みんな違っちゃ駄目なのか。

みんな同じじゃなきゃいけないのかって。

 

そんなことないよ。

みんな違ってみんな良い。

就活生を見てふと思いました。

 

なんだかベルトコンベヤーに

乗ってる商品みたいで

駄目なら弾かれるような世の中だよね。

 

弾かれてる商品の中に

光る原石があるかもしれないのに

違ったら弾かれるって。

 

なんだよそれって感じ。

誰が普通を決めたのか。

 

自分の物差しで

相手を測るんじゃないよって。

 

自分のやりたいこと

目指したい場所があるだったら

会社に入るってのはいいと思う。

 

ただ周りと一緒じゃなきゃとか

周りに流されてってのはナンセンス。

 

今の時代なら

就職しなくても起業するなり

アルバイトしながら

やりたいことできるからね。

 

無理してとか

周りに合わせてじゃなく

自分の思いを大切にして物事を決めるべき。

 

 

自分の思いを

大切にやりたいことやる。

 

周りに反対されても

やりたいことなら

自分を信じて突っ走ってやるべき。

 

就職活動に限らずね。

 

そんなことを思い

考えながら帰宅しました。

 

 

ではまた次回。