■あっけし牡蠣まつりに行ってきました

スポンサーリンク

 

f:id:shima-sh0:20161009170639p:plain

 

今年で4回目ですが、やはり牡蠣は美味しくぷりっぷりっで最高でした。

 

 

 

厚岸ってどこにあるの?

 

札幌からだと高速道路で走って約5時間かかります。

 

 

 

見ての通りこんなに端っこにあります。

 

 

札幌からであれば遠いので、前乗りして近くの道の駅で車中泊も可能です。

厚岸グルメパーク – 北の道の駅

 

 

あっけし牡蠣まつり

 

f:id:shima-sh0:20161010144823j:plain

※2016年の写真です。 

 

この祭りは春と秋に毎年開催されていて、今年で春は68回・秋は55回目の開催されています。

 

古くからやっている厚岸伝統のイベントですね。

 

 

子野日公園で毎年開催

 

f:id:shima-sh0:20171028211301j:plain



 

 

会場内の様子

 

f:id:shima-sh0:20171028211254j:plain

f:id:shima-sh0:20171028211425j:plain

 

奥まで行くと傾斜のある緑の芝生が広がってます。芝生に焼き台を置いて牡蠣を焼いて食べます。焼き台はレンタルも可能で僕たちは毎年、炭台(小)でレンタルして食べています。二人であれば十分足ります。

 

・炭台(大):1300円

・炭台(小):800円

・レジャーシート:450円

・バーベキュー鍋:500円

 

f:id:shima-sh0:20171028211414j:plain

 

なかにはレジャーシートを敷いたり、キャンプ用の椅子を持ってきて使ってる人もいます。僕たちもキャンプ用の椅子を持参していきました。

 

会場にはたくさんの出店が並び、カキやアサリなどの海産物のほかにも、サンマやホタテ、かきラーメンやかき弁当、アサリ汁なども販売しています。海産物を炭火で楽しむこともでき、焼き台の貸し出し(有料)や木炭、シート等も販売しているので、買ったカキ等をその場で食べることができます。
 まつり期間中の日曜日にはイベントを行っており、『ちびっ子あさりつかみどり』や『厚岸名産牡蠣のつかみどり』などを催します。(※雨天中止)

 引用:あっけし牡蠣まつり | 観光イベント | 観光されるみなさまへ | 北海道厚岸町

 

 

 

牡蠣は味は濃厚

 

f:id:shima-sh0:20171029163400j:plain

 

 

今回もたくさん食べて満足しました。味が濃厚で食感はぷりっぷり。

 

まさに贅沢な一時を味わいました。 

 

 

f:id:shima-sh0:20161010150611j:plain

 

今年は25個ほど食べました。

 

f:id:shima-sh0:20171028211357j:plain

 

 

殻付き牡蠣なのでナイフが必要

 

会場でも販売していますが、心配であれば事前に購入した方がいいかもしれません。

 

 

 

 

あっけし牡蠣まつりの詳細

 

2017年現在

期間

平成29年9月30日(土)~10月9日(月・祝)

会場

子野日公園(厚岸町奔渡6丁目9番)

交通機関

JR花咲線厚岸駅よりくしろバス(霧多布線、床潭線)に乗車し、
子野日公園で下車(所要時間約20分)

問い合わせ

厚岸観光協会
電話番号:0153-52-3131 厚岸町役場内

 引用:あっけし牡蠣まつり | 観光イベント | 観光されるみなさまへ | 北海道厚岸町

 

 

来年もまた行こうと思います。是非皆さんも一度足を運んでみてください。