■どっちを楽しむ?そりゃどっちもだよ!!

スポンサーリンク

 

 

どうも!しましょう(@shimash083)です。

 

 

新年一発目の記事です!!

 

今年もしましょうのブログをよろしくお願いします。新年一発目の記事ということで「どっちを楽しむ?そりゃどっちもだよ!!」をお送りしたいと思います。

 

 

 

消費する時間

 

おっと、いきなり難しい話かと敬遠されたそこあなた!

もう少々しましょうにお付き合い下さい。笑

 

消費する時間って何だと思いますか??

 

まずは消費という言葉についてです。

 

消費(しょうひ)とは - コトバンク

人間の欲望を満たすために物財を費やす行為。消費は人間生活を維持,向上させるために行われるが,この点からみれば経済活動の基軸をなす生産は最終的には消費を目的としているといえる。一般的には以上のような個人的,日常的消費をいうが,社会的にみると生産的消費と非生産的消費とに分けて考えられる。 

 

 

欲を満たすために物やお金を使う時間です。どこかに旅行したり友達と飲み会に参加したり新しい本を買ったり普段から皆さんがやってることです。欲に対して向き合って行動してるわけですから心が満たされて楽しいですよね。

 

大好きな本をたくさん買って時間を気にせず読んだり、DVD鑑賞したり、遊びに行くときの服を買ったり、好きなお菓子や飲み物を買ったり。お金が無限にあればずっと楽しめそうですよね。果たしてそうなのか…。

 

僕は違うと思います。確かに大好きなことは没頭して時間も忘れるのはわかります。いずれ飽きてくるし楽しさもある程度までくると頭打ちになると思うからです。

 

 

 

 

ただ消費するにはもちろん時間もそうですしお金を必要とするのはそのためだと思います。お金も無限にあるわけじゃないので使えばいずれかは底をついてしまいます。

 

 

多くの人は消費する時間のために行動している

 

では、底をつかないためにはお金を手に入れるしかありませんよね。

お金を手に入れるために皆さんはどうしますか?

 

・お金を生む仕組みを作る。

・仕組みを作っている誰かを手伝う。

 

このどちらかだと思います。前者は自分で仕事を作る。後者は会社に勤めると考えてください。お金を生むというのは消費ではなく生産する時間です。多くの人はお金を作ってそのお金で消費しています。

 

生産する時間

 

まずは生産とはなんでしょうか。

 

生産(せいさん)とは - コトバンク

 

①生活に必要な品物を作り出すこと。 「電気部品を-する」 「大量-」

②財貨を生み出す各種経済活動の総称。 → 国民総生産

③生活。家業。なりわい。 「其-の難きは農民に異ならず/文明論之概略 諭吉」

④生まれること。生まれ。 「此国に-せし民人は/日本風景論 重昂」 〔漢籍では多く「出産する」意で使われる。福沢諭吉門下の松田晋斎が英語 production の訳語として、「史記」の「生産(生活のための仕事)」に求めた可能性が高い〕

 

ここでは②の意味で使います。

 

生産する時間はお金を生む活動する時間を言います。消費と生産は切っても切れない関係です。欲を満たすために時間とお金を使う。そのためにはお金が必要でお金を生む活動する。この繰り返しなんです。

 

 

消費も生産も必要だからどっちも楽しむ

 

タイトル通りで僕はどっちも楽しみたいです。

消費する時間はもちろんだし生産する時間も楽しみたい。

 

 

切っても切れない関係だからバランスを失えばおかしくなるよね。生産する時間が楽しくなければ消費する時間に思いっ切り時間を費やしすぎたり生産する時間を楽しみすぎて消費する時間を共にする家族をないがしろにしたり。少し極端かもしれませんがそういうことだと思います。

 

そして僕は自ら仕組みを作る側に立ちたいです。

 

仕組みを手伝う側にいるからこそ思うこともあるんですけどこれをこうしたり、あーしたりするって手伝っているとどうしても限界があります。自分で仕組みを作る側に立ちたいのはそういうわけもあるし以前も書いた誰もが立ち上がる仕組みを作りたいからです。

 

 

blog.shimash083.com

 

 

 

一番は消費しながらも生産を同時にできればいいなと思います。普段何気なくしていることって実は奥深いことが多いので外に出たら視点を変えてみるのも楽しいですよ。消費と生産って僕ら生活するうえで大事なことで必要不可欠だから本当に勉強したほうがいいと思います。