■もしかしたら明日死ぬかもしれないよね

スポンサーリンク

 

f:id:shima-sh0:20170124233723j:plain

 

どうも!しましょう(@shimash083)です。

 

生きていれば必ず来るのが死というもの。

死について僕も少し考えました。

 

 

死について考えることありますか?

 

僕はニュースや身近な人の死を体験して、考えることはありますが、普段から死を考えてはいません。

 

正直、生きることに必死です。

 

最近、ニュースもあった

メジャーリーガーの交通事故死。

 

www.nikkansports.com

 

 

今回、この記事を書く時に、改めて僕に死というものを意識させたニュースです。

 

 

死はいつ来るかわからない

 

そのメジャーリーガーは25歳。

 

まだまだこれからも大活躍するであろう

若きメジャーリーガー。

 

不運にも交通事故死で

命を落としてしまいます。

 

こういうニュースを聞くと、実は死というものは、隣り合わせなのかなと思ってしまいます。

 

交通事故のニュースは

ほぼ毎日のように起こっていると思います。

 

僕自身も気を付けていても

いつ身に降りかかるかはわかりません。

 

死というのはどんな人であれ、平等に必ずみんなに訪れます。

 

死は予想できるものじゃないので、死というのは考えるとやはり近い存在なのかもしれません。

 

 

死を身近に感じれば今をどう生きるかがわかる

 

明日、死ぬとしたらあなたはどうしますか??

 

いつも通り過ごす人もいれば、美味しいご飯を食べたいとか、行きたいところに行くとか、たくさん出てくると思います。

 

 

でもこれって、本当に死を身近に考えて出てくる答えなんだろうかと疑問に思います。

 

 

明日、死ぬということは、これからをどうしようよりも、今までをどう生きてきたか振り返ると思います。

 

 

そうすると、やってこれなかったことがたくさん出てくる人がほとんどだと思います。

 

僕も明日、死ぬとしたらどうしますか?なんて言われたら、後悔ばかりだと思います。その時の、後悔ほど大きいものはないでしょう。

 

死をきちんと考えると、後悔しない選択をするということが頭の中を占めると思います。

 

明日できないかもしれない。それなら今やろうって。今できないならその時に最大限できることをやろうとするはずです。

 

 

今日の朝、運転中に事故にあいました。

幸い双方に怪我もなく、大事には至りませんでした。

 

 

もしかしたらこの出来事も

命に関わる事故になったかもしれません。

 

いつ何が起こるかわかないとすると、やはり今を生き抜くことが、大事なんじゃないですかね。