読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■たった二つの心構えで集中できる方法

スポンサーリンク

f:id:shima-sh0:20170306175858p:plain

 

 

どうも!しましょう(@shimash083)です。

 

最近、以前より集中力が
無くなってきたなと感じています。

 

でも、たった二つの心構えで集中力をアップさせる方法があるなら、みなさん知りたいですよね。僕のこの方法を知ったことで集中力が増した気がします。

 

 

集中するのは90分が限界

 

一つのことに集中するのは90分が限界とよく言われていますよね。確かに90分1つのことを集中してやるってのは体力を消耗しますよね。まさにへとへとになりますね。

 

ただ同じことをしていても、あっという間に感じる人もいれば、とても長く感じる人もいます。

 

それはなぜでしょうか??

 

時間の使い方を知っているかどうか

 

スポーツで例えてみましょう。

僕はバスケットをやっていたので、バスケットで例えますね。

 

バスケットは1試合50分です。正確には50分を4回に分けて、1回10分で相手のゴールにたくさん点を入れたチームが勝ちのゲームです。

 

バスケットの世界では1回=1クォーターと呼ばれます。休憩もあるのでトータル約1時間半ぐらいかかると思ってください。


バスケットをやっている人であれば、1試合90分の時間の使い方をわかっているので、集中力が落ちてしまうことは少ないでしょう。ここではこれぐらい、あそこではこれぐらいと上手くバランスをとりながら、集中力をここぞという時に使えます。

 

反対にバスケットをやっていない人からすると、90分の使い方を知らないので、ペース配分が分からず張り切り過ぎて集中力が無くなり、途中で消耗しやすく疲れやすいでしょう。


両者の違いは時間の使い方を正しく使えているかどうかです。この違いで集中力も変わってくるということです。バスケットに限らず他のことにも同じことが言えると思います。

 

やっていることが楽しいかどうか

 

スポーツだと分からないという人は、なんでもいいですが、今取り組んでいることが楽しいかどうかで考えてみてください。

 

楽しい時って時間の過ぎ方が早いなと感じませんか?楽しくないとまだこんな時間かと嫌な気分になったことありませんか?

 

取り組んでいることが、自分の気持ち次第で集中力が違うからこういうことが起きてくるんです。

 

楽しいから取り組んでると、目の前のことへの集中力は凄まじいものがあります。気付いたら夜になったとかよく聞きますよね。

 

反対に楽しくないと、集中はできても途中で時間を気にしたり他のことに時間を使ってしまったりと精彩を欠き、いつまでも長く感じてしまいがち。

 

楽しい気分で物事に取り組むことが集中力を生みやすいでしょう。

 

他にも集中できる方法もあります

 

大きく分けるとまずは時間の使い方を知って正しく使って、楽しい気分で物事に取り組むことなんですが他にも集中をあげたいと思う時にできることがあります。


・集中できるような環境に身を置く(図書館など)
・時間を決める(1時間で終わらす)
・誘惑するものを周りに置かない(漫画など)
・未来を具体的に想像する(これをやれば…)

 

人それぞれ集中したい時の時間の使い方だったり、環境だったりあると思います。自分が集中しやすい環境でやるのが一番だと思います。

 

僕はちなみ集中できるのは、知らない人が周りにいる中で一人で作業する時が一番集中できますね。自分の世界に入りやすいのが、この環境下にある時ですね。

 

まとめ

 

1つのことに集中して取り組むのは、知らないうちに体力を使っています。時間を正しく使って楽しく取り組んでもです。なので、注意して欲しいのがきちんと休むことをお勧めします。まだまだ大丈夫と過信して、あとから悲惨なことになるのは避けたいですね。


プロブロガーと呼ばれる人たちが結果を出しているのは、この二つがきちんと作用してるからだと思います。

 

もちろんこれだけではありません。

 

たくさん悩んで考えて行動してとことん突き詰めてやってるからです。もちろん自分だけの力だけじゃなくて、周りの環境やサポートもあると思います。目標を達成したいという欲求もあるからでしょう。

 

集中できないなと感じたら、時間の使い方と楽しくやることを意識して取り組んでみてください。

 

自分を操る手中力を手に入れたいなら

メンタリストのDaigoさんの本はオススメです。