■見送りは必要なのかどうか考えてみた

スポンサーリンク

 

f:id:shima-sh0:20170501191853j:plain

 

こんにちは。しましょう(@shimash083)です。

 

奥さんとの二人の生活をして早2年が経っています。朝の見送りはいつもしてもらっていますが、今日はなんとそれがなかったんです。

 


たまたまなのか何かがあったのか、わかりませんが、朝から色々とあーでもないこーでもないと考えていたら、ブログに書けばいいじゃん!と思いついたので、勉強している人も仕事している人も小休憩だと思って、最後までお付き合いください(笑)

 

 

最初はとにかく怒りでいっぱいだった


朝ってなんだか忙しいですよね。もう少しゆったりとできればいいんですけど、なかなか起きれない…。慌てて起きて、そそくさと準備をして仕事に向かうわけです。


今日は僕が先に準備が終わって、家を出る時にいつもなら玄関まで見送りに来るはずの奥さんがリビングにいたまま来ないわけです。


あれ?おかしいと思いながら、少しゆっくりと靴を履きながら、来るのを待ってたんですけど、来る気配が全くない…(笑)


なんで来ないかわからず、いつもなら来るのにと段々と怒りが湧いてきて、家を出ました。

 

 

怒りが湧いたのはないがしろされたと思ったから


怒り心頭状態で家を出たから、胸も苦しいし天気も良くて、今日の一日を支えてくれるはずのお日様も、なんだかいつもより眩しすぎて、心に凄く刺さってきました。


今日一日をどうするかは自分の心次第と思っても、沸騰したヤカンはなかなか冷めてくれません。なんでこんなにも怒っているのか、ゆっくりと深呼吸して思考を巡らせました。


見送りに来なかったことで、大切にされていないと思ったのと、どこか寂しい気分になったからです。

 

見送りは僕にとって、朝のパワーをつけて元気に生きる儀式みたいなもので、それを崩されたのもあります。ないがしろにされて怒りでいっぱいだったんです。

 

 

自分の目線だけでなく相手の目線に立って考える

 

怒りでいっぱいだったりすると、見えるのは自分のことだけです。周りがどうだとか、何が起きているか把握できていません。獲物を狙うチーターのように、目の前のことにしか目がいきません。まさに僕はチーターでした。

 


なんで来ないのと自分の目線で考えていたことに気付いて、奥さん目線だったらどうだったんだろうと考えました。

 


声をかけて出たつもりが、僕がいつの間にか玄関に行ったと思って嫌な気分になったかもしれません。テレビを見ていたので、内容が凄く気になったのかもしれません。もしくは、朝から急いでいる僕の態度が冷たくて腹が立っていたのかもしれません。


理由はどうあれ、もし問題が出たときに自分のことばかりでなく、相手のことを考える余地を持って解決に向かうことが必要だと思います。相手の目線に立って考えれるかですね。

 

 

まとめ

 

ここまで偉そうに書いたんですけど、正直言って、、くだらないですね(笑)

 

くだらないんですけど、僕は見送りして欲しいなとやっぱり思います。見送りがあるのとないのとじゃ、朝からのパワーが全然違うんですよ(笑)

 

ただ見送りがないことで、怒ることでもないし、さっきも言ったけど、今日一日をどうするかは自分の心次第ってことですね。大事な朝の時間に怒りに支配されてしまいました。

 

音楽聴いて電車乗って仕事始めたら、そんなことあったことすら忘れてましたから、要はそんなもんってことですね(笑)


貴重な小休憩だったとおもいますが、ここまでお付き合いありがとうございました!(笑)